fc2ブログ

冬紅葉そして竹寺

干し柿

12月1日木曜日

小春日和の暖かさは心配でしたが、山雀亭の干し柿も、無事完成しました。

11月の最後の2つの吟行句会。

名栗川橋を渡ってのんびり歩いたのは山雀の会。

名栗川橋

名栗川

冬菜畑にて。

畑で

菜の花ーーーアスパラ菜の花だそう。

アスパラ菜の花

冬木

いつも熱心なみなさん。ーーそうでもない人もいるが。

句を案じる

歩きなれた道をたどる吟行ですが、いつも何かに出会う。

もどり

もうすっかり対面句会に戻っていますが、マスクはなかなか外せないです。

山雀の会

                *

海雀の会Ⅰは名郷銀座へ。

海雀Ⅰ

名郷バス停から川沿いに入る道です。

名郷銀座へ

屋敷神

湯ノ沢との出会い付近。
名栗川も源流に近い。

名栗川の上流

私には絶対渡れない橋があったりなんかして。

木の橋

川沿いの道

虎杖の実。

虎杖の実

通り過ぎるばかりでじっくりお参りしたことのなかった新井不動尊は、武州一揆にゆかりがあるそうな。

新井不動

お不動様

お堂の脇には沢が崖を伝って落ちています。
水も飲めるようになっていて、柔らかく甘い味わいでした。
名栗は、なんといっても水自慢。

沢

かつて名郷銀座と呼ばれて人口の多かった集落は、空き家も多いようですが、新しいカフェが出来たりしていつもより人出がありました。

集落

八つ手

これなら木守り柿っていっていいかな~。

木守り

                          *

さて、名栗女子会はこのところ休みが多かったのですが、今日は歩きましたよ~!

走り根

久々のフルメンバーで向かったのは、武州竹寺。

竹寺へ

お馴染み小殿のバス停付近から、1時間くらいのミニ登山です。

一休み

杉林の道ですが、鉄塔付近は見晴らしがいいです。
こうしてみると、今にも降りそうな空に見えるけどーーー。

鉄塔

女子会にはお馴染みの黄色い道標。
鉄塔の点検道のものです。

鉄塔への作業道

なんと、いつの間にか、伐採が進み、鉄塔の続きの尾根からの見晴らしがぐんとよくなっていました。

伐採地

杉林で見えなかった鳥居観音方面もよく見えます。

鳥居観音

尾根をゆく

登山地図でのコースタイムは五十分。
余裕余裕とベンチがあれば坐ったりなんかして、ゆっくりゆっくり登りました。

ベンチ

竹寺の鐘楼に到着。
お昼の鐘でも撞くか~。

鐘楼にて

鐘楼からの展望S

鐘楼からの東側展望

晴れていれば、東側から都心も見えるのですが、今日は時雨もよいのお天気で、スカイツリーは見えませんでした。

都心展望

鐘楼から竹寺へ下りる道。
落葉樹の林となり、落葉を踏んで歩きました。

竹寺へ下りる

下る2

下りのロープ

ちょっとしたパノラマ。
本殿の屋根が見えれば、もうじきお昼ご飯!

本堂へ

冬紅葉と冬桜。

冬桜

標高500メートルくらい。
冬紅葉は、まだまだ美しい。

冬紅葉2

竹寺は1000年以上の歴史があるお寺。

吊るし柿

みなさん

山茶花

今週末には竹あかりのイベントがあるそうです。

竹あかりの筒

本殿への参道。

帰り道

参道

茅の輪

ここの茅の輪は名物。

茅の輪2

本殿

小殿から登って、竹寺へお昼を食べに行くというプランはずっと前から温めていたのですが、やっと実現しました。
お天気が今一つだったけど、雨には降られず、山歩きには快適な気温でしたね。


そば膳を平らげて、明るいうちに下山しましょー。

食事を待つみなさん。
窓いっぱいの竹林。
部屋のなかにも竹があります。

竹寺の窓

竹笹蕎麦、美しい精進揚げはカエデ、柿、山葵など……、あけびのみそ和え、柚子のシロップ煮、芋茎の酢漬け、こんにゃくと人参の白和え、そして、最後にぎんなん御飯をいただきました^

そば膳

尾根の脇を辿る道。
左はよく転がりそうな崖です。

落葉の道

交差点

上名栗の家並みを望む尾根。
高度感が伝えられなくて残念ですがーーー。

尾根を下る

みなさま、お疲れ様~!

私も

小殿に無事下りて、定休日のターニップさんで淹れたての珈琲をいただいて解散。
最高の休日。
ーーなんかすっきりしたなあ。


雨上がりの吟行

落葉溜り

11月18日金曜日

先日の蒿雀の会は、雨上がりの吟行。

初冬の風景。

名栗川

冬菊

残菊

ツツジの帰り花。

つつじの帰り花

観察中なのは、

観察する皆さん

フユイチゴ!

冬苺

薊はすがれていますね。

薊

冬のダリアーー皇帝ダリアが咲き始めていました。

皇帝ダリア


銀杏黄葉2

銀杏黄葉

木の間

蒿雀の会も通常通りの対面句会に戻しました。
オンラインに慣れてしまい過ぎないように。

蒿雀

このところ女子会がなくて、淋しいなあ。

冬紅葉の名栗でしたが

名栗川冬紅葉

11月15日火曜日

今日は七五三。
名栗では雨が上がりましたが。
昔はこのあたりの神社でも七五三のお参りが見られたんだろうなあ。

山雀亭では百目柿を干しています。

干し柿

来月の半ばには食べられますよ~。

干し柿2

週末には句会が二つ。
今年の紅葉は美しいですが、残念ながら曇り空でした。

冬紅葉2

冬たんぽぽ

泡黄金菊

残る虫というか、冬の虫というか、すがれた声を聞きながら。

山茶花2

枯れ紫陽花

この頃時々見かけるポポーの木。

ポポーの落葉

ランドマークの銀杏の木。

銀杏落葉

てっぺんはもう散っています。

鵯

日が当たるとまだまだ紅葉がきれいですが。

カエデ

かりん

川を見て

有間橋より。

名栗川2

欅はもう裸木に近いかな。

シルエット

コア山を目指した小雀の会は、行く先を変えて、パワースポットへ登ってみました。

幹越しの紅葉

パワースポットとされている薬師堂は固く閉ざされていました。
裏の平場にて。

小雀の会

山道

ヤクシソウ

海雀Ⅱの会はコア山へ到りました。

コア山へ

海雀

コア山から戻る

道端で見つけたのは、鵯上戸かな、と思ったんだけど、よく見たら違う。

ヤマホロシ?

さわらびの丘では、冬桜が満開。

冬桜2

冬桜3

まんさくも咲いていました。
毎年のことですが、春にもちゃんと咲きます。

まんさく

土手

土手2

コガモが飛来していました。

小鴨

石蕗の花

しずかさんの庭から来た郁子の実。

郁子の実

種、私も蒔いてみよう。

郁子を割る

冬桜

河又周辺吟行

三日月

11月2日水曜日

一昨日の月。
澄み切った夜空でしたね。

今日は雀瓜の会の吟行。
山雀亭から河又方面へ。

上の道

紅葉の木々

いつも何の木かなと思う、なんだかファンタジックな樹形。

何の木?

芋茎。
これから干すのかな。

芋茎

観察

茶畑

杜鵑草。

杜鵑

マユミの実。

マユミの実

ここにもナツメの実がありました。

ナツメの実

橋を渡って名栗川の右岸、日陰の道へ。

日陰の道

川面

今日はサイカチの木が折り返し地点です。

サイカチ

うーむ、中身が転がってないかと探したんだけど、ないですね。
食べたの、だあれ?

観察2

サイカチのさや

梢にはまだ青い葉が残っていますが。

サイカチの梢

崖の擁壁には、いろんな草木がありました。
これはナギナタコウジュ。ーーもう呆けてますけど、最近見てなかったので出合いは嬉しい。

ナギナタコウジュ

葉巻虫

オトコエシだっけ?と言っていたこの花は、オオバセンキュウでした。

オオバセンキュウ

オオバセンキュウ3

折り返して、山城下の崖の道を歩きました。

山城下の道

山城の下の道

落ちていた鳥の羽。
図鑑で調べたところ、どうやらマガモの羽らしいです。

マガモの羽

ヤマハッカかな。

ヤマハッカ群生

ヤマハッカ

お馴染みの馬頭観音さまーーちゃんと花が手向けてありました。

馬頭観音

眺めはこんな感じ。

展望

渋柿だろう、きっと。

柿

かりん。

かりん

かりん2

センダングサが実になってます。要注意。

センダングサの実

坂を下り、

坂を下る

橋を渡って、

橋を渡る

紅葉

土手道を帰ろ。

土手を行く

あっ、もう咲いてる。

石蕗の花

名栗川秋色

短い距離だけど、十分楽しみましたよね~。

雀瓜集合写真

今日の月は、もう半月。

半月

ご近所吟行

棗の実

10月30日日曜日

先々週からジョウビタキの声が聞こえ始めた名栗。
名栗川橋のたもとにナツメの実がたわわです。

踏んづけそうになったカマキリ。
句材として引っ張りだこですよね。

カマキリ

一昨日の山雀の会は、私を入れて11人参加。
会場のあすなろ会館のまわり、名栗川橋と四海橋の間の、ほんとにご近所吟行でしたがーー。
秋日和に恵まれて。

吟行

名栗川橋のたもとに、芋茎を干していました。
山雀亭のストックとして欠かせない食材です。

芋がら

柿の木

ナツメだとか、柿の実だとか、
いつの間にかポケットが膨らんでいる様子。

柿を捥ぐ

ヤマハッカだろうか。

ヤマハッカ

お馴染みのヤマゼリ。

ヤマゼリの花

四海橋へ向かうバス通り。

四海橋

あった、アキチョウジ!
今が盛りです。

アキチョウジ

アキアザミ

ヤクシソウ。弟切草の仲間ですね。
歳時記では一緒の項目になってます。

ヤクシソウ

センダングサ

四海橋のバス停の斜面では伐採が進んでいます。

伐採2

よく落っこちないものだと、しばし見学しました。

伐採

ベニバナノボロギク。

ベニバナノボロギク

四海橋組合の掲示板にあったポスター。
これさえも、しっかり俳句に詠んだ人がいらっしゃいましたっけ。
ーーなんでも俳句になる楽しさ。

ポスター

今朝ご近所さんから南京豆を戴いたのですが、この畑から収穫したものです。
その日のうちに茹でました。
茹でピーは、私の大好物。

南京豆の葉

数珠玉

ヨメナ

私の好きだった草地は半分が売れて、もう家が建っていましたが、まだこの木立は残っています。

秋の木

ミゾソバが沢を覆っていました。

ミゾソバ

野生の山葵。

山葵の葉

くにちゃんも元気そう。

くにちゃん

ポポーが黄葉しています。

ポポーの黄葉

秋色の名栗川

たっぷりと散策を楽しんだおかげで、
バラエティに富んだ句会となりました。
お疲れ様~。

集合写真
プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR