FC2ブログ

三が日

朝焼け

1月4日金曜日

朝焼けの名栗。
三が日も過ぎて、明後日の椋の初句会は寒の入らしい……。
今朝は南の空に金星がひときわ輝いていましたねー。

山雀亭では二日の日、なんとなく手持ち無沙汰だというので、ご近所句会とカルメンのご主人を急遽お招きして「やめようと思ったのに!あらたま句会」をしました。
ぜんさんのきりたんぽ汁をお雑煮代わりにして、持ち寄ってくださった手料理や「甘くなくて固い…」と評判(?)の雀作の黒豆やらで新年を祝いました。

ご協力ありがとうございました。

みんな

二日の日の朝、三日月に金星が接近するというので、空を見ると、こんな。
私のカメラだとこれ、精一杯なんだけど、見える?

金星

2019年あけましておめでとうございます

臘梅

1月1日火曜日

シリウスがぎらぎらと南の空を通っていったあと、朝月が登場して、あけがたの空も美しいですね。
写真は昨年最後の山雀の会でのものです。
宮の入りの途中の高台では、すっかりなじみになった臘梅が咲き始めていました。

眺望

急な坂道を登って出会えた景色に満足したみなさん。
納めの句会とあって、頑張ってこられてよかったです!

高台にて

八重のニホンズイセン。

ニホンズイセン八重

山雀の会

大晦日は、昨年と同様、ゆうこさんと待ち合わせて楞厳寺にて除夜の鐘を撞かせていただきました。
一人五回ずつ。
ーーー途中で鐘の音が途切れたくらい撞き手が少なかったのが、心配。
道すがら見上げた星空素晴らしかった!
カペラ、シリウス、オリオン、火星、北斗七星、スバル、カシオペア、アンドロメダ星雲、冬の銀河。
少しずつ星の名を覚えてゆくのも楽しいもの。

正月はふだんと変わりなく仕事をしたり、ごはんを作ったり。
なにしろ大晦日締切、元旦締切、当たり前の世界で働いていますもので……!
年賀状はプリンターの不調もあって寒中見舞いになっちゃいそうだし。
でも、一応お雑煮も食べましたよ。
上名栗の友人から、おいしいお餅が届いたので。

喪った友人達、重い病を得た友人達を思えば決してめでたくはない年でしたが、星空の下、こんなふうにブログなんて書いていられるのは幸せなことなのであります。



むささび月夜

シルエット

12月24日月曜日

昨日の満月、素晴らしかったですね。
今日はクリスマスイブ…。

一昨日の句会では、しみじみと12月の名栗を歩きました。

吟行風景

ミツバツツジの実ですね。

つつじの実

これはヒノキ。

檜の実

万両の実。

万両

しいたけほだ

橋の上から見た鹿の足跡。

足跡

なんてん

海雀Ⅰ

今日は夕方、ゆうこさんと待ち合わせて、某所へむささび観察に行きました。
今回は巣箱に住んでいるむささびです。
日没近くにひよっこり顔を出しましたが、待っていた私たちにはとぶところは見えず。
近くに立っていたご夫婦が「いま、なんか茶色いのが屋根の上をとびましたけど」
むむーざんねん!
とっぷり暮れてから、ターニップさんで、クリスマス会ならぬ残念会をして楽しく帰ってきました。
ハイボール、おいしかったなあ。
スバルがきれいでしたー。

むささびを見たい人にはご案内しますよ-。


とにかく歩く

歩く

12月20日木曜日

朝は霜で真っ白ですが、昼間は暖かいですね。
一昨日の蒿雀の会では、山雀亭からさわらびの湯方面へ。

あおじ吟行

作句

赤い実は南天。
名栗の山の斜面ではいま真っ赤な南天の実が目立っています。

竜泉寺の六地蔵

龍泉寺経由。
いろんな花が咲いていました。
冬至梅かな。

寒梅

みつまた

落ち椿

いい香りは、これでした。

臘梅

すぐわきの古道を通って。

古道

赤い橋を渡り…。

赤い橋

川沿いを戻りましたよ。

川沿い

通常30分のコースですが、あっちへ寄り、こっちへ寄り、なんと、私たちは2時間近く歩いていたらしいです。
どうりで疲れるはずだわ。


寝不足

霜が降りる

12月16日日曜日

さすがに毎朝真っ白に霜が降りるようになりました。
車も朝は凍ってます。

一昨日は双子座流星群を見るためかなーという車が深夜、我が家の前の県道をダム方面にたくさん通っていきましたよ。
私は、山雀亭の駐車場から見ましたが、流れ星、すごく大きかったです。
天の川もよく見えていました。

こゆきが「寒いよー」と何度も起こしに来るので、寝不足です。







プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR