FC2ブログ

おおかみに螢が一つ付いていた 金子兜太

ハナズオウの実

8月3日土曜日

なんともう8月。
今朝は至近距離でコジュケイが鳴きました。
あまりに鋭い大きな声でびっくり。

成木でオオカミを見た!
と猟師をしている知人から連絡があり、気合いが入っている私です。
成木と言えば名栗からみて峠のすぐ向こう。かつて名栗と成木は親しく往き来しており、嫁いでいった人もいるとききました。
じつは、最後に奥秩父でオオカミを目撃したという情報で写真も残ったのは、名栗地区でのことなのです。
その写真を見て専門家はニホンオオカミの特徴を有しているものの、首輪のあとがあり、人になれているようにも見受けられるとして、秩父野犬という命名をしました。

もしかして、誰かが試験的に中国のオオカミを放したのでは?とも考えたんだけど……あり得るかな?
写真の残る目撃情報はそれが最後らしく、それもずいぶん前のこと。
でも、名栗で最後にニホンオオカミが目撃されたなんて、思ってもみなかったことで、こんどは成木……となると、また胸がときめくのです。

猟師である知人は、どうしてそれがオオカミなのかという理由を、猟師の立場から教えてくれました。
ーーーむずかしいからここには書かないけど。

で、ふと思いだして、

あしあと

この写真を見てもらったら「十中八九、クマのあし」とのことでした。
これは、山雀の会でみんなと歩いたとき、紋次郎さんのお堂のそばで見た足跡なのでした。



プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR