青梅雨

四海橋

6月29日日曜日

金、土と二日続けて山雀亭での句会でした。

昼食

席題の「夏野菜」をたっぷり食べた後、梅雨空の下のミニミニ吟行。

すいれん

名栗郵便局のそばの池では、今年もクリーム色のスイレンが咲いています。
ヌスビトハギの葉っぱ。

ヌスビトハギ

ヒメジョオンにとまっていたシャクガ。

シャクガ

さくらの葉

名栗川の土手の桜の葉っぱ。

つゆきのこ

梅雨茸ーーと俳句ではひっくるめて呼びますが。
これから、傘を広げるところですね。ーー毒ありそう?

砂流さん
散策

雨の吟行

一昨日はなんとか降らずに済んで、庭のシジュウカラもせっせと巣づくりをしていました。
最後には白っぽいふわふわした動物の毛を巣箱に入れていました。
そのころになると、すさまじい声でさえずり、声が割れて聞こえるほど。
一日中雨だった昨日は、一度も姿を見せず。
巣作りの様子、みんなに見せたかったのですが、ざんねん!

今朝は早くからよくさえずっていますよ。

特等席

青梅雨という言葉がぴったりですね。






プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR