FC2ブログ

臼を買いに

椋号の荷台へ
12月16日
大勢人が集う臼になりますように、という願いを込めて、友引の今日、臼と杵を引き取りに秩父へ!

MAY臼
立派な臼です。けやきの木の芯の部分をつかってあります。
先日、ここを訪ねたとき、「そういえば、この臼だったら安くできるよ」とみせてもらったもの。
昨年作った臼なので倉庫内で年季がはいっちゃったとのこと。
さらにねばるぜんさんに「わかったよ、杵もつけてあげるよ」と悲鳴を上げつつ、「きれいにしてから渡してあげるよ」とおっしゃる古川さんに、臼への愛情を感じたのでした。

積み込み
さすがに慣れてる。梱包して、あらよっと、一瞬で積み込んでくれます。

紅白の縄
この日のために新しいムシロと、紅白の縄を持ってきたぜんさん。そして軽トラの椋号。

清々しい冬青空のもと、秩父から名栗へ峠を越えて臼と杵のお嫁入り。

三喜木材さん、ありがとうございました!
お二人
もっと迫っちゃおうかな。

古川夫妻
おじいさまの代から木製品をつくっていらっしゃるそうです。
そういえば、私の母方のおじいさんも材木屋さんだったっけ。

さて、今年の餅搗きは平沼さん宅の古民家で、餅搗き名人の原田ご夫妻の指導の下にすることになっています。
夕方からは、のぶこ夫人と、やえ夫人と私、三人で綿密な(?)打ち合わせをしました。
すでにせいろや羽釜も買いそろえてあります。

それにしても、まさか、臼や杵まで買うことになるとは夢にも思わなかったよね。

このブログに古川さんと私のツーショットが載っていますよ。
遊びに行ってみてくださいな。
http://mikimokuzai.blog123.fc2.com/





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR