FC2ブログ

忘年餅搗き会

原田さんご主人

12月24日
昨日は紅葉あかり展主力スタッフと、山雀の会の季語体験句会の人たちで餅搗きをしましたよ。
午前10時に平沼家古民家にいくと、すでに囲炉裏に炭はおこり、お釜にも火が入って、厨では平沼夫人をはじめ、割烹着の人たちがいそいそと往き来していました。
そして、写真中央の方が、餅搗きベテランの原田さん。さすがに風格が!
今回、ご夫婦で餅搗きの指導にお越しいただきました。
平沼さんの同級生なのだそうです。
平沼家の背景は鳥居観音の山です。

平沼家当主です

この人です
このお方がこのお家のご当主です。

のぶこさんと昭子さん
向かって左の、この方がのぶこ夫人。
え?小さすぎる?

満面の笑顔です。
のぶこ&昭子
向かって右は山雀の会の昭子さん。今回はお友だちをお二人伴ってみえました。

いったい何人いるんだろ、と思ってあとで数えましたら、37人もの人が来ていました! 嬉しい誤算。

準備をすすめる方々。
陽子料理長
山雀の会の陽子さん。

スタンバイ
お鏡スタンバイ


待機中
続々と
山雀の会に合流する仲間も参加。続々と到着です。

頼もしいこと
割烹着向かって一番右が原田夫人・やえさん。

臼の傍らで
薪割りなどしてみたり。

短冊づくり
句会の準備なんかしてみたり。

黒川夫妻
紅葉あかり展の主力だったお二人。

毛糸帽ツーショット
山雀の会メンバー。向かって右、原市場の蛙さん。左はかやとさん。
蛙さんは10キロ以上の道のりを徒歩でご来場!

あかね雲さんと黒川さん
蒸す
いよいよか
いよいよ始まりか。

こねます
原田夫妻
本日のハイライト、原田ご夫妻の餅搗き。
なんとなく神聖な雰囲気も漂っていました。

真剣平沼流
あれー!殿お許しを!
息が合ってるんだか、どうだか。

若手傍観
迫力
この二人が搗くときは、みんな遠巻きです。

十代と二十代
可愛い人たちですね!
向かって右の二人は内堀カメラマンのお嬢さん。初めて会ったときは、子どもだった!
左はサトシくん。

餅搗きガール
内堀親子です
親子です。念のため。

句作中
ひよこさんは海雀の会から山雀の会に合流です。
句作に必死。

日だまりにて
日本の原風景か。
〈もちおつくうすのまわりは冬にげる ぜん〉

くにちゃん
〈くんちゃんがミソッ歯見せて餅を喰う マーチャン〉
小学生の時から、「くんちゃん」と呼ばれています。

囲炉裏端
つきたてのお餅をほおばりました。

だんだん佳境に
ほのぼの

おつるさんです
川口棟梁のガールフレンド、つるさん。
古稀なんだそうな。
美味しい柚巻きをたくさん作ってきてくれました。
〈餅つきて古稀の私は少女なり つる〉

ヒロシです
〈大目玉妻の味するからみ餅 ヒロシ〉

ボード句会も進行中
句会はこんなかんじでしました。

原田夫妻。
うん、これでいい、と見守り体勢になりました。
ありがとうございました。
うん、もうこれで大丈夫かな

七臼搗いて、無事終了。
3時前でした!

日は西に

暗くなりかかった頃、ささやかな宴会が始まりました。
大勢なので、あがりはなや、お座敷にも車座ができましたよ。
厨での宴会
炉話
小さい囲炉裏ばた
一等賞は由梨さん
句会での最高得点句は、ベテランの由梨さん作。
新調した山雀亭の臼、はじめての餅搗きでした。

このあたりでカメラの電池が切れました。
まるで真夜中のような満天の星空のもと、句会の面々は、六時前のバスに乗って帰途に。
お二人の新しいメンバーを迎えて、ますます賑やかな山雀の会。来年も、たのしく遊びましょうね!
良いお年を!
平沼さん、どうもありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR