FC2ブログ

荒茶

DVC00058.jpg
5月29日
朝からよく降っています。
が、なんと、今日は畑部長さんと、茶畑くらぶの会員二人がいらっしゃる予定。
雨でもとりあえず集まることになっているのです。

昨日、お茶のことが気になって、ブログをアップしたあと、調べ物をしました。
「荒茶」というキーワードで、です。
私のつくっているのは荒茶かなと思い、広辞苑をひきましたがでておらず、インターネットでみると、二つ意味がありました。
ひとつは写真の状態。
つまり製茶前の蒸したお茶の葉です。
もうひとつは、まさに私たちのつくったお茶のように、蒸してから火入れしつつ手もみしたもの。ふつうはこのあとさらに製茶の作業が続きます。裁断し、火入れをするのだと思います。美味しくするためにいろんな行程があるのだろうと思いますが。

いつのものか確認しませんでしたが、一番目の意味の「荒茶」のサンプルをとり、放射性セシウムの含有量を検査することを埼玉県などが拒否したというニュースが出ていました。
この状態だと比重の関係から含有量が多く出てしまうからとのことでした。
生の葉なら公平な検査だが、荒茶だとほかの農作物にくらべて不公平な結果がでるということのようでした。

うーむ。
私が「甘露甘露」といただいている二番目の意味の方の「荒茶」はその状態からさらによくもんで水分をとばしているので、セシウムの量は多いのではないでしょうか。
もっとも、検査がそのあとどうなったかまで追跡していませんので、どうかあわてずにね。
私は、今朝も美味しくいただいています。
もっともぜんさんは「これはお茶じゃない」といって拒否しています。
わっかんないかなー、この味!

今朝、「月刊やさい通信」の放送があり、映っているかと思った青山文化センターの講座風景が全カットなのを確認。
講座の皆様、おさわがせしてしまって、ごめんなさい!
早起きなさった方もいらっしゃるのではと思います。
そのかわり、名栗の風景はたっぷり紹介され、「海雀の会Ⅰ」のみなさまもばっちり登場しました。
なによりも畑部長さん丹精の畑がみごとな菜の花畑として映りました。

DVC00935.jpg

茶畑くらぶのメンバーが到着するころには、大雨雷警報が出て、茶摘み断念。
畑部長さんは、土砂降りの中でトマトに支柱をたてたりしてくださいました。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR