FC2ブログ

三日間

ミヤコワスレ

5月28日月曜日
子雀たちが賑やかに餌をついばんでいます。
我が家はいまユキノシタの花盛り。
写真はミヤコワスレ。

海雀Ⅱの会5月

上の写真は先週土曜日の海雀の会Ⅰの面々。
まさに万緑の名栗。
茶摘みもしましたよ。

変わった茶摘み

ちょっと変わった茶摘みだけどね。

山雀亭は金土日と三日連続の勉強会で賑わいました。
金曜は「ええー、雨でも歩くの?」と驚くビギナーのみなさんの会で、雨の句をたくさんつくりました。〈写真撮らなかったの残念!〉「薔薇の雨」「緑雨」「若葉雨」「卯の花腐し」……雨にもいろんな名前があって。

観音堂

昨日の会では、上名栗のずっと奥、湯の沢というところに観音堂を見せてもらいに行きました。
平沼ご夫妻が案内して下さったもので、黒川夫妻と私たちとそうぜい十二人で見学。
がやがややっていると、自治会の方がお孫さんとご一緒にあらわれました。お孫さんは女の子。みんなの句のモデルになりましたよ。

見学


この観音堂、なぜか明治から昭和にかけての俳句の奉納額がいくつかかかげてあります。

奉納額

どうやら俳句の集まりが盛んだったようですね。
吾野や秩父の人の句もありました。
どんな人が宗匠だったのかしら。
『名栗の歴史』によると、神社にも奉納する習慣があったらしく、作風は蕉風の正調だったとのこと。
残念ながらぜんぜん読めないのですが!

観音堂前で

見晴らしのいい観音堂は今も集会所としての機能を果たしていて、月に二回お年寄りの集いがあり、お茶を飲んだり唄をうたったりしているそうです。
かつては結婚式もお葬式もここで営まれていたそうです。

見晴らし
花火の筒

これは花火の筒なんだって。

見学のあと、観音堂の近くの知人のお宅に大勢で押しかけました。

ログハウス
松原さん宅
ティータイム


すてきなログハウスは母屋。
自家製のハーブティーで思いがけないティータイム。
松原さん、どうもありがとー!



遥子さん

山雀亭にもどったみんなは、句会もそこそこに遥子さんの句会刊行のお祝いを。
なんのために山雀亭に来たかも忘れ、遊びほうけた一日でした。
お祝いの表六句「薔薇垣」の巻です。

いつも来てけふ咲き満てる薔薇の垣  遥子
夏鶯のこゑのをちこち  〃
誕生日ケーキの灯り吹き消して  〃
鏡の前にルージュ引く人   雀
街路樹の月の光のまたたける  遥子
高層ビルに秋気澄みたり  すみれ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR