FC2ブログ

紅葉あかり展ことしも!



平沼さんちの曼珠沙華。
あれあれというまに、まるで飛び火のように。
お隣日高の巾着田にはかなわないけど、名栗も今、曼珠沙華の里です。

昨日は、11月開催の「第二回紅葉あかり展」に向けて、はじめての参加者ミーティングを開きました。
昨年、500人以上のお客さんが訪れて賑わった、私たちの収穫祭。
テーマは「紅葉あかり」。「あかり」といっても、「花明かり」というのと同じように、紅葉のあかるさをいうことばです。
11月は名栗の紅葉がいちばんきれいな月。俳句では立冬を過ぎると「冬紅葉」と呼びますが。

古民家平沼

修繕の進む古民家平沼は、この秋正式に営業許可を取得予定。
「紅葉あかりの会」(仮)が、11月22日(木)から、26日(月)までの5日間、古民家を会場として、ステンドグラス、流木と和紙、鉄などのあかりと、陶器、着物や帯のリメイク、日本画、俳句など、さまざまなジャンルの作り手による、「紅葉あかり展」をします。
ミーティングには、作品を展示する人たち以外に、陶器に花を生けてくださったり、お菓子を焼いてくださったり、といろいろな形で協力してくださる方もご参集、去年の経験を反映させて、話し合いをすすめました。

話し合いが終わって帰って行くみんな。

参加者1

新メンバーの陽子さん(上の紫の麗人)は、山雀句会の仲間。着物をリメイクする人です。
みずからのうつくしい作品をまとって参加。
となりのあやしいおっさんは、なにをつくるひとだろう?

参加者2

仕事のあとかけつけてくれたヒロリンさんはお菓子で協力。

参加者3

黒川夫妻の参加が心強い。

まゆみさん

ぜんさんと私の共通の友人は、日本画を。

夫人

古民家平沼ののぶこさん。今年もステンドグラスの作品展示をしますよ。
うしろの背中はご主人ではなく、大工さん。古民家はまだ修繕中。

私も俳句で参加。
初心者講座も開催しますので、どうぞ遊びにきてくださいな。
「紅葉あかり展」は、このブログでも、少しずつ紹介していきます。
おたのしみに。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR