FC2ブログ

名栗俳句講座

作句

9月25日水曜日

昨日は、公民館の俳句講座、最終回でした。
古民家ひらぬまを会場にお借りして開きました。
慣れないことをしているせいか、みんな真剣な表情ですねー。
秋祭りで獅子として舞っていたセンター長さん(正面)も参加してくださって、得点をさらっていましたよ。
獅子舞い歴三十年以上のベテランも、俳句は超ビギナー。

講座吟行

三回目は吟行句会を試みました。
俳句の定義、俳句の観賞、身の回りの季語探し、と勉強してきて、今回は戸外で季語探しをし、気がついたことや思い浮かんだことをメモして、俳句にしてみる……という講座でした。

吟行する

なんか、メンバーもひと味違うでしょ。

湧く雲の観音近し秋彼岸  みのる
曼珠沙華ぽつりぽつりと紅をさす  ようこ
川端の栗にからまるつたの赤  しの

曼珠沙華

8月には子どもたちでいっぱいだった河原も閑散として、台風後の水も、もう澄んでいました。
ひらぬまさんの敷地内には曼珠沙華がいっぱい。

栗拾い昔なつかし痛さかな  吉正
彼岸花いつしか得たり市民権  柏
かわいいがあまりふえるな秋の草  マー雀

鈴ちゃん

くりのいがいたかったけどたべたいな  鈴
里山の栗の実はぜる名栗かな  猛
青々と山栗実る川辺かな  しづ

最年少の俳号・都さんは、運動会の振替休日でお休みのお嬢さんを連れての参加。

親子

秋のもの卓に並べて悩み中  都

指折り数えて。

俳句完成

最終回は一人二句ずつを作り、互選をしました。
最高得点は、名栗行政センターのスタッフさん!

秋風に袖の長さを迷う朝  たつや

講座の三人

今回の講座には、日高からの参加者もOKとなり、山雀の会のようこさんが、お友だちを連れて参加してくださいました。
いつも裏方さんをしてくださる黒川夫人や、ひらぬまさんも句会に参加してくださり、とても新鮮な句会になりましたよー!
ありがとうございました。

まゆみの実色づきはじけ秋深し  滋梢
鈴ちやんが図鑑見てゐる野菊かな  すずめ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR