FC2ブログ

ピラカンサ

11月5日火曜日

昨日の朝、わが家をゆるがすような衝撃音が。
なんだろ?と思っているとぜんさんの大絶叫。
「と、鳥が死んでるー!」
光の加減なのか、朝は窓ガラスに鳥がぶつかることがあります。
見ると、オリーブ色の鳥が窓の外に落ちていました。
そっと拾い上げると、身じろぎして、私の方をじーっと見つめました。
なななんと、アオゲラではありませんか!
写真は撮る余裕がなかった、というか、両手がふさがっていたので、あきらめましたが、頭のてっぺんとほっぺたが真っ赤で、くちばしが長く、体長十五センチくらいでしょうか。尾まで入れると二十センチ?
てのひらに乗っけているとふわっとやわらかくてあったかい。
目がぱっちりしてかわいい。
「ごめんねー、ごめんねー」と頬を撫でていると手のひらの上にフンをしました。
外に連れて行き、草の上にそっとおきましたが、飛びません。
片目でじっとこっちを見ているので、反対側の目を見てみたらつぶっていました。ぶつかった衝撃でつぶれちゃったのでは!と思ってどきっとしたのですが、そっと指でまぶたをあけてみました。
と、間髪を入れず飛び立っていったのでした。
それは、ほれぼれするような素早さでした。
ーーーどうかあのあと無事でいてくれますように!

窓にはなにかぶらさげておかないといけませんね。
ぜんさんは青ゲラの頭の赤いのを見て血だと思ったそうです。

さて!
今月に入った金曜日、「紅葉あかり展in名栗」の搬入が始まりました。
古民家ひらぬまに集まったのは19人。

搬入風景

はじめは呆然としているみんなでしたが、なんとなくかたちに。

搬入

かとうさん
かご

各自がだいたいの場所を決めて置いてみたあと、だんだんコラボ風にまぜて雰囲気をつくってゆきます。

じおらま

これは、はなさん作お人形とぜんさんのジオラマのミックス。
ほっこりするかも。
ちょっと気が引けるけど、上の余白には私の俳句が入る予定。
じつはまだ一句もできてないですが。

俵さん

一週間かけての搬入作業。
この日に来られなかった人もつぎつぎに搬入。

最後に生け花が、作品たちを彩ってくれますよ。
おたのしみにー!










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR