FC2ブログ

『季節と出合う俳句七十二候』来月刊行予定でーす!

名栗湖

11月24日月曜日

祭日の今日も暖かいいちにちでした。
名栗にも行楽のお客さんがたくさん来ました。

紅葉

一昨日の海雀の面々。
いざ、蕨山へ!
というわけではなく、名栗湖を見下ろす金比羅尾根の見晴台まで登ってみました。
私も珍しく写ってます。
おやー、よく見ると怪しい人も一人混じってます。見える?

熊棚というものを見てみたくて双眼鏡で捜しましたが、ここにはなかった。
熊棚って知ってる?
熊が木の実を食べるために木にのぼって枝をたぐり寄せた痕跡です。写真で見ると、まるで鳥の巣みたいに見えます。


海雀Ⅰ

名栗湖の冬紅葉もこの日で見納めという感じ。

水面

この二か月ほどは、12月に刊行される本のおかげで、ほんとにたいへんな思いをしました。
もうほんとに投げ出してやりたいと思いましたよ。
でもそう思うのは私だけではなく、これに携わっている編集者の人は、毎日遅くまで残業ですし、例句の照合もどれだけ時間が掛かったかと思うとくらくらしますよね。
それを思うと、申し訳なくて文句も言えません。
でも、さすがにもうこんなにつらい思いはしたくないなー!
その本もいよいよここ数日が大詰めとなります。
その影響で椋の発行が遅れるのではと心配ですけど……。精一杯頑張ってます。

それでも、名栗の句会ではいつでもこんなにきれいな風景をみることができるのだから、やっぱり幸せ。
感謝。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR