FC2ブログ

梅雨近し

馬の目皿

6月8日月曜日

梅雨が近いようですね。
今朝はイカルがいい声で鳴いていました。
紫陽花もそろそろ色づきはじめたようす。

写真のこれは馬の目皿。八寸くらいの小さめのやつです。
骨董ファンにはよく知られているようです。
幕末、瀬戸などで大量に作られた「石皿」の仲間で、「煮しめ皿」とも。
街道筋の食べ物屋さんで煮染めを入れるのに使ったそうな。
「馬の目」とつくのは、この渦巻き模様があるからです。
ネットで調べたところ、このお皿のデザインが見直されて新しく作られたものも販売されているそうです。
これはどう見てもかなり古いので……これまた金継ぎしてしまいました。

このデザイン、初めはあんまり好きではなかったんだけど、蚕豆やら枝豆やら、新じゃがの煮たのとか、とってもよく似合うなあと。
江戸時代の職人さんの粋を感じますねー。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR