FC2ブログ

鷹が渡る頃

うどのはな

9月24日月曜日

ウドの花もなかなか美しいですね。

秋のお彼岸の中日を過ぎて、曼珠沙華もそろそろ花を終える頃となりました。
これは先週の蒿雀の会で歩いた名栗川の土手です。
曼珠沙華の道

緋桃の実が立派に実っていました。
珍しいですね。

野桃

作句のひととき。

めぐみさん


さて、一昨日の海雀の会は、鷹柱を期待して、天覧山へ。
鷹は一応見ることが出来ましたが、渡りはしなかったようです。
双眼鏡で覗くと、とんぼを鷹と間違えたりして、観察にも年期が要りそう。

天覧山

毎年鷹の渡りを観察している人に、取材して、頑張って俳句を作りました。

メモをとる


蚊に刺されながらの昼食。
なにしろ、とんでもなく暑くなりました。

ひるどき

昨日と今日は、私一人で天覧山へ。
今日はこんなに観察の人が来ていましたよ。
野鳥の会の人たちも合流していました。

天覧山山頂

みんな立派な双眼鏡を使っていましたが、「飛蚊症がひどくてねえ」というぼやきの声が……。
共感した次第です。
今日は、少しは渡りがあったようです。
私も七羽ほど見ましたが、渡りまでは確認できませんでした。
なんだか、名栗の高台からでも見えそうな気がしてきました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR