FC2ブログ

蒿雀の会

イチリンソウ

3月17日火曜日

いつものところに咲いていたイチリンソウことアズマイチゲ。
名栗から出ない日が続いていますが、昨日はあおじの会の人が数人来てくれて、名栗の春を味わいました。

あおじ

砂流さんとからむしさんご夫婦が営む曳地ガーデンサービスさんがテレビの取材のために松ぼっくりが必要だということで、龍泉寺の松ぼっくりをみんなで拾いました。
からむしさんが抱えている袋の中身がそれです。

たんぽぽ

すみれ

はこべといぬふぐり

これは何?
フェイスブックで問いかけてもらったところ、マルバコンロンソウでは?と返事がきたそうです。

コンロンソウ

可愛い花ですね。
こちらはフッキソウと蕗の姥です。

ふきのとうとフッキソウ

枯れた高砂百合、見つけると写真に撮りたくなります。

高砂百合の枯

青木も最近は鹿に食べられてしまうようになりましたが、崖に生えていた木は無事でした!

青木

諸葛菜の花。

諸葛菜

ゆるゆると水が流れている小さな沢。

沢

オタマジャクシがいました!
ヤマアカガエルの子だそうです。
見える?ころころときれいな声で鳴くカエルです。

蝌蚪

シキミの花。

樒の花

福寿草は咲き終わって実を結んでいました。

福寿草の実

林道の入り口に咲いてゐた馬酔木の紅花。

馬酔木紅花

思わず足を踏み入れたくなる林道がたくさんあります。

山雀亭のすぐ近くで、山から伐り出した木をヘリで運んでいました。
その往復のテンポの速さにみんな驚いてしまいましたが、一本ずつしか運べないようです。

ヘリ

沈丁花

さんざん歩いて、笑った1日。
免疫力、高まったかな?

新型コロナウィルス感染予防のため、作句の時は一階と二階に分かればらばらに。
句会の時は窓を開けてマスクをかけて、席を離して、短めに、とみんなで思いつく対策はとりました。
でも、今回はみな車や徒歩で来られる人のみの参加になり、参加したくてもできなかった人も。
まだ長引くようなら、山雀亭でもつうしん句会の開催を考えます!






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamagaratei

Author:yamagaratei
埼玉県飯能市、下名栗の俳句工房山雀亭
そのなんでもない日常をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR